3人のレンガ職人

ソップ寓話の「3人のレンガ職人」とは、世界中を動きまわる旅人が、ある町外れの一本道を歩いていると、建築現場で働く3人のレンガ職人と出会っていく物語。旅人はそれぞれの職人と出会うたびに、「なにをしているのか」の問いかけたところ、三者三様の答えが返ってきた。1番目の職人には「見ればわかるだろう、レンガ積みに決まっているだろ」と言い、ただ命令に従って働いているだけで、愚痴ばかりこぼしては嘆いていた。続く2番目の職人には「この仕事のおかげで俺は家族を養っていける。感謝しているんだ」と、自分たちが生きるために生活費を稼ぐ手段だと言われた。そして、3番目の職人には「歴史に残る偉大な大聖堂を造っている。多くの人の心を救う聖なる場所になるんだぜ!」と、後々に残る建設事業に誇りを持って働いていると言われて、そのポジティブな精神に心が響いて、大いに励まされてお礼を言ってから過ぎ去った。
ちなみにこの3人のレンガ職人は、仕事内容や役割、賃金はほぼ横並びでそん色はない。それなのにモチベーションの高さは大きく異なっている。1番目の職人はやらされている感ばかりで投げやりなの状態。2番目の職人はお金を得るための手段だと割り切って、それなりにやりがいを感じている。3番目の職人は目的意識がしっかりとしているから幸福度が高い。それゆえ積極的に関わっていく意欲にあふれ、どうすれば良くなるのかを自発的に考えようとしている。
つまり、自分に与えられた仕事への関わり方で人生の豊かさは大きく変わってくる。自から果敢に興味を持って取り組んでいく。いつの間にか向上に必要なことを見つけ出し、それらに前向きに取り組むことで充実感のある人生になっていく。だからこそ、夢中になって生きられるような人生観にこだわっていこう。自分の仕事を広い視野から見つめて、小さな社会との繋がりを大切にしながら、生きがいとプライドをこつこつと育んでいく。自分の人生の主役は自分しかいない。そのステージを明るい眼差しで見つめて、素晴らしい舞台の上で精一杯やればいいのだ。

縁起

いわゆる仏教用語「縁起」とは、すべての存在は無数無量の因縁によって在り得ているという意味で、仏教の基本思想を表す重要な言葉である。これを端的に言えば、この世に存在するものはすべて互いに何らかの関係で繋がっている。ありとあらゆるものが網の目のように結び付き合うため、無駄なものや関係ないものなんてなにもないのだ。
だから、人生は縁が縁を呼んで思いも寄らない方へ発展していきやすい。たとえば、何を求めてさまよっている時に、ちょっとしたことでご縁に恵まれたら、それがきっかけでやるべきことに目覚めていく。そして、このチャンスに勇敢に立ち向かうことで自分自身が磨かれて、さまざまなことが面白く感じられるようになってくる。自分と関わるものを寛容に受けとめることで、幸運を引き寄せる力が強くなるのだろう。
それゆえに、これぞ我が道と思えるご縁に恵まれたら、覚悟を決めてひたむきに取り組んでいく。夢中になってやればやっただけ道は開け、また、ひとつのことに最善を尽くし続けていけば、こだわった分ほど自信が生まれてくる。つまり、人生はいろんなご縁によって育まれていく。自分らしく生きるために、たくさんの人々とのご縁に気付いて、丸くなるように努めることが大切になる。誰でもいつもご縁にめぐまれているのだから、それを発見する感性のアンテナを磨いて、ビビット来る出会いを楽しんでいこう。

よきライバル

美術の世界で夢を成し遂げることは難しい。しかし、多くの人の場合は今やるべきことに集中できずに、人生のターニングポイントをみすみす逃して、小さな可能性を掴めなかったから。ここ一番のチャンスを捉えら切れなかった自分自身の責任だと言っていい。例えば、個展などへの出展のオファーが来た時に、あれこれと考え過ぎて自重してしまったり、反対に深く考えもせずに引き受けたりと、理想像を目指して行動するのではなく、その場の機嫌や気分で成り行きに任せで行動していく。首尾一貫していないため、どんどん惰性的になって埋没するのだ。

それゆえ、いつも自分の創作スタイルにこだわり続け、自分らしい個性を磨くことが大切になってくる。とにかく、こういう作品を創りたいという理想像があってこそ、創造する世界への冒険旅行は俄然面白くなっていく。そのうちに直感が研ぎ澄まされて、日々に新しい発見や驚きとの出会いが増えるのだ。だから、いま目の前にあるものに、さまざまな視点から触れていこう。本気でプロになりたい気概があってこそ、創作活動は実のあるものになって、美術家と呼ばれるレベルに達するのだろう。ところで、掲載した画像は、イラストレーターの りおた君とコサカダイキ君。上の方が今年4月のもので、下の方が2018年5月に写したもの。この4年間、お互いに高い目標に向かって全力で取り組み、成功を夢見て熱い心を燃やしながら創意工夫している。やはり、どれだけやっているのかはオーラに表れてくる。やる気に満ちている人は、その気持ちが目に、ひいては顔つき、身体全体にみなぎってエネルギーが出てくる。お二人の来月の個展も楽しみにしている。このまま切磋琢磨し続けて、美しい未来を切り拓いてください!

芸術論の覚え書き

昭和9年(1934年)、詩人 中原中也は第一詩集『山羊の歌』を出版して高く評価され、また、私生活では長男が誕生して幸せの絶頂に達していた頃に、山口へ帰省した際に書かれたと言われる「芸術論覚え書き」。「『これが手だ』と、『手』といふ名辞を口にする前に感じてゐる手、その手が深く感じられてゐればよい」など、中也が表現しようとした世界を端的に示して、創造へ向かう出発点になる言葉で書き綴っていった。
例えば、悲しみと口に出す前の悲しみとか、好きだと言う前の思いとか、胸の内に秘めていた感情は清らかなもの。これが言葉にすると、その感情はこの世のものになってしまい、無色透明で純粋さが失われる。中也はこの言葉になる前の世界を名辞以前と言い、この世で初めて生まれた言葉で詩を表現することを目指す。誰でもみんなが使う万能の言葉ではない。独創的なリズム感のある言葉に潔癖こだわっていく。詩は本当は言葉の向こうにあるという感覚を大切にして、どこまでもストイックな姿勢で探し求めていった。
つまり、中也が詩で表現しようとすることは、あらゆるものを名辞以前で感じ取るという、いわば無謀だと言える試み。誰もが普段の生活で使っている万能な言葉ではなく、今まさに生まれたばかりのフレッシュさで、オリジナリティのある専用の言葉を使っては、自由な感覚が響き渡る世界観へ挑戦していった。だからこそ中也の詩の言葉は、今の時代になっても強いインパクトがあって、熱い創作への情熱が胸に迫ってくるのだろう。

成功者は成長者

「富士山に登ろうと心に決めた人だけが富士山に登っている。散歩のついでに富士山に登った人はいない」という格言がある。
この言葉は、思い付き程度の動機でやり始めたことは、最初の壁にぶち当たったとたん、何もできずに無抵抗のまま立ち止まるだけ。ちょっとしたことに感動して、よしやってやろうくらいのきっかけでは、すぐに上手くいくことばかりを気にし過ぎて、やがて焦りから擬人暗鬼に陥っていくだろう。ついついやる前にあれこれ迷い過ぎて、にっちもさっちも動けなくなりやすい。その世界の知識や常識のないことで、無理な目標設定をしてしまうと、いずれ自滅する現実が待ち受けている。
だからこそ、何があってもやらねばならぬと使命感を持って取り組んでいこう。自分にはそんなに才能がないとか、失敗をしたらどうしようかなんて、結果を気にすることはまったく必要ない。何があろうともやり抜いていく。この意志があるのなら、やることすべてが経験となり、成功への可能性を着実に上げていく。とにかく、自分自身がやりたいことを通して、世の中に役立つ人になることを目指す。その個性を活かして志に最善を尽くしていく。成功者とは成長者のこと。人生は登山と同じで、あらゆる方向から頂上へ臨んで、その過程の中で身心を鍛えることで、豊かさを感じていけるようになる。つまり、自分らしいことを極めようと努力し、志を貫くこと覚悟することが大切になるのだ。

三尺三寸箸

仏教法話にある「三尺三寸箸」というお話し。昔々、信心深い男が地獄と極楽の見学に出掛けみれば、最初に行った地獄では、豪華な料理が山盛りにならんでいるのに、そこいる人たちは皆ガリガリにやせこけていました。そこで食事をする様子をよく見てみると、長い箸を必死に動かしてご馳走を食べようとするけど、長さが三尺三寸あるため、自分の口へ入ってくれまないまま。ついにはイライラから怒り出したり、隣の人が箸でつまんだ料理を奪おうとしたりと、醜い争いが絶えない状況になりました。
次に訪れた極楽では、同じように豪華な料理が山盛りにならんでいましたが、こちらの住民は皆ふくよかで、肌もつやもよくて健康的な雰囲気の人々ばかり。なぜだろうとよく見てみると、地獄と違って住人同士がお互いに長い箸で料理をはさんでは、「どうぞ」と代わる代わる差し出して、それぞれ順番に食べさせていた。ゆったりとしたテンポで、「ありがとう」という言葉を交わしながら、仲睦まじく食事を楽しんでいた。
なんと、まったく同じ条件のもとにいるのに、まったく違った光景が繰り広げられていた。つまり、この世はそこにいる人たちの心の持ち方ひとつで、地獄にでも極楽にでもなってしまういうこと。自分さえ良ければいいでは、本物のしあわせにたどり着くことはない。一生懸命にやるのは自分のためであり、ひいてはこの世のためだと信じて、尽力していくことが大切になのである。他の人ともに一生懸命に取り組むことで、新しいチャンスや可能性に発展していくのだろう。

なんのため

もし、「美術家はなんのためにギャラリーで作品展をするのですか?」と問われたら、「いろんなタイプの人たちと関わり合うことで、美術の世界観が自然と広がっていくため、創造力の豊かさに繋がるから意味があるのだ」と答えるだろう。いわゆる美術というものは、それぞれが唯我独尊で創ったり観たりできる世界。生まれ育った環境をはじめ、好き嫌いの好み、ものの考え方などが違ってもよく、そこから生じる自由で個性的な感覚を活かして楽しむことが大切になってくる。

だから、美術家の一員として、さまざまなことに触れていきながら、感性やセンスを刺激していく。どうすれば、創作活動を進めるための繋がりを育んでいけるのか。どうしなければ、美術コミュニケーションが円滑にできないのか。とにかく、なぜなぜの好奇心を大いに掻き立てて、興味のある分野が広げてみよう。そうやって小さな体験を積み上げていけば、いろいろな経験値が徐々に高くなって、美術という場で活動するためのコツというものを身に付けるのだ。

つまり、ただこの空間にいるだけでもいいのだ。まず、目で見えるものだけでなく、五感で感じるものを意識していく。なぜなぜの好奇心が掻き立てて、興味のある分野を新しく見つけよう。視覚だけの情報に頼り過ぎないで、思い浮かぶイメージで感じていく。なかなか慣れるまで安定してないけれど、常識や知識で凝り固まった感性を解き放ち、自分らしい価値観を探し出すチャンスになるだろう。そんな身近な美術と親しむ場になれるように、これからも精進していくのみである。